【重要】日本キリスト教社会福祉学会 第61回大会の延期について

日本キリスト教社会福祉学会 会員・会友の皆さま

第61回大会にご参加の予定の皆さま

日本キリスト教社会福祉学会

会長 木原 活信

頌主

現下の世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、会員・会友の皆さまにおかれましても、大きな影響を受けておられることと存じます。心よりお見舞い申し上げます。

本学会では、来る6月26日、27日に第61回大会(神戸大会)を予定し、学会開催に向けて実行委員会を中心にして準備万端すすめておりました。

しかし、今般、政府は「緊急事態宣言」を発出し、その対象地域には開催地・兵庫県も含まれることとなりました。

こうした状況に至り、理事会にて対応を協議した結果、大会を1年延期することといたしました。

なお、次年度の大会は、今大会をそのままスライドさせ、2021年6月25日(金)、26日(土)に、同会場である神戸栄光教会にて開催する予定です。

また、学会の年次総会及び2020年度の学会運営のあり方等につきましては、現在、理事会にて検討を図っております。

会員・会友の皆さまのご理解をお願い申し上げます。

現在、社会の諸方面において見通しが立たない状況が続いておりますが、困難を乗り越え、再び会員・会友の皆さまと、本学会の使命であるキリスト教の福音に基づく社会福祉の研究と実践について交わりを深める場が与えられますことを、心より祈念しております。

在主